いまごろ?OZONEクラフトマーケット2008 その4
2日目の午前中から午後にかけて少しマッタリできる時間があったんですが
お店番を交代しながら他の出展者めぐりをしました。
一度、7階にあがって去年お隣だった「家具研」さんのブースをたずねて
主催の朝山 隆さん(第6回暮らしの中の木の椅子展 優秀賞受賞)
『家具総合研究所』
http://www.kaguken.com/

斉藤 克雄さん(第6回暮らしの中の木の椅子展 優秀賞受賞)
『insense~インセンス~』
http://insense.org/
のお二方にご挨拶をして雑談をしました。

見聞しながら消しゴムはんこ屋さんへ
わたしもつくったことがあるんです消しゴムはんこ
現在も時々つくってます。
結構はまるんですが複雑なものは小1時間掛かるし
ヘタをすると最後の最後で『あ゛』って感じ。
それがもうテンコ盛りで並べてあって
キャラクターの表情が見事でした!
『すたんぷや お京』
http://www.geocities.jp/okyo_the_stamp/index.html

ちなみに、私は消しゴムはんこといえば『ナンシー関』の世代ですが・・

6階のギャラリーの横をとおり過ぎようとしたとき
右目の端が青い光をとらえた
それは、とてもキレイなカタチだった
振り返ると、擦りガラスの柱に青い半円の
アメンボが水面を渡ったような水紋のオブジェがあった。
とても心地よかった
ちゃんと近くで見たいとおもった
入口からはいると受付にエラく体格のいい外国の方と
目がクリッとした華奢な女性がいた
軽く2人に会釈をして、ずんずんとその目的のオブジェの前へ

前日からの雨ふりで、身体も疲れていたし朝から少し私はイライラしていた
そのオブジェの前に立った途端 スゥ~とした
心地よかった しばらくずっと見ていた
すこし深く深呼吸をして、作品のタイトルに目をやった

"『ALA KIIRUDA アラ キールダ』 = のんびりいこうよ"

すごいとおもった!
ひととおり作品を見てから、出展者のプロフィールのパネルの写真を見た
あっ!入口にいた人だ!!
また、作品の前にもどるのである。タイトルを覚えるために
自信はなかったが覚えたつもりで、受付に向かう
彼が流暢な日本語で「ドウモアリガトウゴザイマシタ」
私は彼の隣にいた女性に『アラ キールダ』が凄くよかった!って伝えて!
と懇願
そして伝えてもらえた!満足♪
作品をつくる過程もおしえてもらった♪
最後に彼と握手をして会場を出た


Jukka Isotalo ( ユッカ・イソタロ さん)フィンランド共和国
http://www.evolum.fi/japan.htm
右の下から2番目の画像が『アラ キールダ』画像が小さいんですが・・・

OZONE(イベントは、終わってますが画像があるので)
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/533.html

株式会社オフィスオクト
http://www.ecomarket.co.jp/lifestyle.htm
ユッカさんの工房探訪記事が真ん中ぐらいにあります。


そして、まだつづきがあります。
なんと!ユッカさんがL.scapeのブースに来てくれました(ひとりで・・・)。
しばらく見てくれて、スッと『L*Kei red』を持って
「この色が1番いい」と言ってくれた(気がした)。


L-Kei_red.JPG
L*Kei red

不意に渡される
「?!」
彼がお財布をとりだした。
スケッチブックで価格をつたえて、包んでいるあいだに
『しらかば*どうぶつえん』から1つ選んでもらって
シラ*クマをプレゼントしました。

いまでも目をとじると瞼の奥に浮かびたつ
あの青いガラスの光
ありがとう Jukka!
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<久しぶりにうまい珈琲に出逢いました | いまごろ?OZONEクラフトマーケット2008 その3 >>