中川平一 風景画展
ちょっと前の新聞に載っていた風景が 
なんだかとても懐かしくっていってきました。

45.jpg
画家は市内で図工を教えていた小学校の先生で、
自転車に画材をのっけて
45年前から風景を切りとっているという。

もうない風景
まだある風景
移りゆく風景。

会場に貼ってある地図に作品の番号がリンクしていて
「あ~こんなだったね~」
「この裏にはあれがあったよね」。。と

調布の変化を中川さんの画でふりかえってきたのでした。


中川平一 風景画展

※会場内はとても暑いので、扇子と汗拭きタオルは必須です~





固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<夕日 | バジ~ル >>