ビビット・ビット
だいぶ空いてしまいましたが土曜のつづきをば。

高校の美術の時間
先生がなにやら説明していたが、ウワノソラw

教科書をパラパラとめくって
目に留まった 一枚の油絵

気に入ったので画家の名前のてっぺんに
赤ペンで花マルをつけた記憶がある。

何年かして もう一度みたいと思って探したけれど
もう、教科書を処分したあとだったのです。
しかも、画家の名前もタイトルも覚えておらず。。
手掛りは脳裏に焼きついたおぼろげな残像と日本人画家ということ。
でも、その時は探せなくて。

その絵に逢えたのは岩手に来てからのこと
出来たばかりの県立美術館へ あしを運んで
たまたま立ち寄った常設展の会場で

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

なんだか、長年 恋焦がれた人に逢えた気がしたし、
もうこれは運命だ!などと思ったのです(笑)

ちなみに
タイトル : Y市の橋 (1942)
画  家 : 松本竣介

それからは県立美術館へいくと
必ず、『松本竣介・舟越保武展示室』を訪ねます。
竣介と保武のふたりは、お友だち。

岩手にやって来て
岩手山の雄大さと姫神山のたおやかさに包まれ
そして、お友だちルームに感じ入ったわけです。

なので、どうしても
もう一度お友だちルームにいきたかったのです。


sy_iwate01.JPG
ご満悦でぶらぶらの後
本当の目的地 美術館をめざす!


sy_iwate02.JPG
ピンクのもきれいだった。


sy_iwate03.JPG
美術館裏の見晴らし台から


sy_iwate04.JPG
玉山からの眺望


何年かしたら
また、岩手を訪ねたいと思います。


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ドナドナから3週間。 | 真っ盛り >>